他空港と成田空港の駐車場の料金の違いについて

以前は成田空港の駐車料金は、羽田空港よりも割高でしたが、2014年の大幅値下げによって、羽田空港よりもむしろ安くなりました。羽田よりも成田のほうが、公共交通機関を利用しづらく、マイカーで出かける人が多いとはいえ、羽田と成田の地価を考えれば、成田の方が駐車代は安いのは、ある意味当然のこととも考えられます。しかし羽田よりも高い駐車代が問題視されてはいても、2014年までは、成田の駐車代のほうが高いという状況が続いていました。現在は、成田空港の駐車代は、羽田の半額になる場合もあります。人口減少や都心回帰の動きなどにより、地価の差はますます開いていく可能性がありますので、今後は成田空港と羽田空港の駐車代も、差が大きくなることが予想されます。

以前は羽田空港よりも高かった駐車料金

成田空港の駐車料金は、2014年までは、羽田空港よりも割高でした。LCCの便が成田に数多く就航し、破格の航空運賃で利用できるようになっても、駐車代が高いということが、悩みの種となっていました。しかし2014年に成田の駐車料金が大幅値下げされ、時間帯によっては、羽田空港の半額で利用できるようになります。これにより、LCCを利用し、成田から海外へ向かう費用面でのメリットが、ますます高まりました。しかし、車で空港へ向かう人が増え、需要が高まったからといって、駐車代が値上がりするようなことはないようです。これには、インターネットの普及によって、利用者が、各駐車場を比較検討して選ぶようになったため、価格競争が起き、値引き合戦のようなキャンペーンもおこなわれるようになったことが影響していると見られます。

空港から遠い駐車場の増加で割安に

空港に隣接する駐車場は、当然ながら割高ですが、空港からある程度離れた駐車場を利用すると、さらに羽田よりも安く利用できます。空港から少々離れたところの駐車スペースは増えており、このため、利用者が増えているにもかかわらず、値上がりが抑えられているようです。羽田は、空港から離れた場所でも地価が高く、成田より用地を確保しづらい面があります。羽田よりも成田が高かった昔に戻ることは、よほどのことがない限り、避けられそうです。LCCは、今後もますます利用されていくでしょうから、LCCが利用しやすい成田の駐車代が下がるのは、利用者にとってたいへん歓迎されることでしょう。費用重視の利用者が多いため、空港から離れた場所に駐車し、送迎車で空港と往復することを厭うケースは、あまり多くなさそうです。