成田空港の駐車場の料金の相場を解説

空港、特に国際空港の周辺には旅行者向けの駐車場が多くあります。空港への移動手段としては公共交通機関を利用するのが一般的ですが、大きな荷物を持って移動するのは疲れるため車で空港まで行く人が多いためです。一方で空港には直営のものと民間が行っているものがあり、それぞれに料金の差やメリットとデメリットがあります。関東では国際空港として成田空港が中心となっていますが、成田空港の周辺にも多くの駐車場があり、直営、民間ともにその数も多く選択肢も豊富です。しかし、少しでも費用を抑えたい場合には、民間のものを選ぶことになります。民間の場合には空港から離れた場所にあるため、それらのマイナスを補うためのさまざまなサービスを提供しており、料金面だけでない魅力もあります。

直営と民間のメリットとデメリット

成田空港の駐車場で直営を利用するメリットは空港内にあるためターミナルまで近く利便性に優れるということです。一方でデメリットは駐車できる車の台数が限られ、利便性が良いため繁忙期にはすぐに埋まってしまいます。このため事前に予約を取って利用するのが無難です。一方で民間の場合には空港から離れた場所のアクセス道路沿いにあるのが特徴です。メリットはやはり料金が安いことや駐車できる台数も多く、業者も多いのでいつでも利用が可能です。一方でデメリットとしては民間の場合には空港までの距離が離れているのでマイクロバスなどによる送迎を利用する必要があります。ただ出発時に空港まで自動車を引き取りに来てくれるサービスや、到着時に持ってきてくれるサービスもあります。しかし、いずれにしても時間的には余裕を持って行う必要があります。

成田空港駐車場の料金相場について

車と駐車しておくのに気になるのが費用ですが、直営の場合には30分あたり260円で、1日駐車とした場合には定額で2060円になります。5日までは2060円ですが、6日目以降は1日あたり520円になります。ただ長期間の駐車をすると割引が受けられるため1週間駐車した場合には7200円から1万1340円になります。一方で民間の場合には1日あたり500円が相場で、1週間駐車しても4000円前後と直営に駐車するよりも費用を抑えられます。またターミナルで車を受渡しするサービスを利用しても7500円程度と直営の施設を利用するのとそれほど変わりありません。また長期間の駐車をするほど民間の場合にはお得なプランも用意されているので、より費用を抑えて駐車することができます。